活動状況

地域メディアプラットフォーム研究会

主 査 :  脇浜紀子

幹 事 :  米谷南海

研究会主旨: 

本研究会では、収益性と公益性の両立という課題に直面している地域メディア事業に着目し、分散・協働型社会に向けた地域メディアの新しい制度設計と経営モデルを検討する。
米国では、調査報道の分野で住民の寄付と企業の協賛金が支える非営利メディアが注目されたり、クラウドファンディングで資金調達をするメディアが現れたりしており、それを持続的に支える組織も誕生している。日本においてもシビックテックのような、市民が自発的に行政や企業と協力して地域課題を解決する新たな取り組みがある。
本研究会では、それを地域メディアの文脈で議論し、新たな地域メディアプラットフォームの構築に向けた議論を深める。

第2回地域メディアプラットフォーム研究会のご案内

日 時 : 

 2018年2月6日(火)17:30~18:50

場 所 : 

 慶應義塾大学三田キャンパス 南館5階 D2051会議室

テーマ : 

もはやマスメディアは存在しない!?  日本の未来を行く小国のメディアプラットフォーム事情とは

報告者: 吉田和充氏(ニューロマジックアムステルダムCEO、クリエイティブディレクター)

概 要:  オランダは、子どもが世界一幸せな国であると言われており、労働生産性では世界7位にランク入りしています。首都アムステルダムも2016年にEUのInnovation Capital of the yearに輝くほか、世界で最も多様性のある都市だと言われています。現在、オランダへの移住者で最も多いのは、実はアメリカ人。Brexitによる企業の移転先としても、ダークホース的な存在として注目を浴びています。
歴史的に「小国」としての自覚を持つオランダは、日本にとっては唯一歴史的に結びつきがある外国です。日本では近年、働き方改革や教育改革が叫ばれていますが、オランダでは1980年代初頭に働き方改革や教育改革が開始されました。つまりオランダは、日本の35年先を歩んでいるのかもしれないのです。
こうした背景を踏まえながら、いま、世界から最も注目されるオランダのメディア事情をご紹介します。

 

講師プロフィール: 吉田和充氏(ニューロマジックアムステルダムCEO、クリエイティブディレクター)
東京生まれ、1997年慶応大学商学部卒、博報堂入社。CMプランナーとして400本以上のCM、キャンペーン制作を担当。2016年博報堂退職後オランダに移住し、クリエイティブディレクターとしてSODACHI設立。2017年メディアラボアムステルダム修了。クリエイティブビジネスデベロップメントとしてニューロマジックアムステルダム設立広報広告、Webサイト制作や、サービスデザイン、マーケティング、ブランディング、スタートアップ支援などを含む企業活動におけるクリエイティブ領域全般を担当。日本とオランダをつなぐ活動をしている。

 

申込方法 : 事前申込不要(当日直接会場にお越しください)