活動状況

アジアのメディア研究会

主 査 :  西岡洋子

幹 事 :  金美林、井上淳

研究会主旨: 

世界のメディア市場の発展において存在感をますます高めているアジア市場におけるメディア市場の展開について把握し、それに伴う競争上、制度上の問題について検討する。ただし、比較検討、全体像の把握のために、アジア以外の地域における展開にも目を配る。

2017年度 第1回 アジアのメディア研究会のお知らせ

日 時 : 

2018年3月9日(金)17:30~19:00

場 所 : 

韓国コンテンツ振興院 日本ビジネスセンター 6階 韓流エンターテインメントショールーム

       (東京都新宿区東京都新宿区四谷4-4-10)

講演タイトル : 

「冬のソナタからTWICEまで、日本国内における韓流ビジネスの変遷 ~第3韓流(新・韓流)の未来とは?~ 」

講 師 :

 黄仙惠(ファンソンヘ)氏 / SR&Produce株式会社 代表取締役社長

 

概 要 :

 

ドラマ『冬のソナタ』が2003年に日本で韓流ブームを巻き起こしてから今年で15年目。幅広い世代で人気を獲得し、K-POPや韓国ドラマに熱狂した。しかし、2012年代後半から日韓関係の悪化をきっかけに韓流コンテンツやK-POPアーティストのテレビ露出は激減した。これで韓流ブームは一段落したかに見えたが、昨年から再び「新・韓流」が巻き起こっている。2017NHK紅白歌合戦では、6年ぶりにK-POPのTWICEが登場、BTS(防弾少年団)はアジア&欧米でも支持を得られるアーティストとして吹き荒れている。実は今、若者の間では韓国カルチャーを日常生活の中で取り入れようとし、その現象はコンテンツに限らず、さまざまである。 今回は、2003年から現在までの15年間、日本国内での韓流ビジネスの流れを語る。韓流ファンの変化、韓流コンテンツのビジネスの変化と課題、そして今後の動向について、実際現場で何が起こっているのかを中心に紹介する。

 

定 員 :

25名(先着順受付。定員に達し次第、申し込みを終了させていただきます。)


申込方法: 

件名を「アジアのメディア研究会参加申込」とし、氏名、所属、連絡先(電子メールアドレスまたは電話番号)を明記の上、下記メールアドレス宛までお申込ください。
メールアドレス: kenkyukai@jsicr.jp

 

共 催 :

 韓国コンテンツ振興院