活動状況

モバイルコミュニケーション研究会

主 査 :  藤本 憲一 

幹 事 :  富田 英典・岡田 朋之

研究会主旨: 

情報通信分野におけるモバイルメディアの普及は現代人の社会生活全般に大きな変化を与えつつある。本研究会では、このようなモバイルメディアに焦点を合わせ、今日の情報通信社会におけるコミュニケーションの変化、メディア文化の変容等について研究する。

2019年度 第4回モバイルコミュニケーション研究会のお知らせ

日 時 : 2019年9月2日(月)15:00~17:00

場 所 : 実践女子大学 渋谷キャンパス 402教室

      (〒150-8538 東京都渋谷区東1-1-49)

テーマ: AR謎解きゲーム『サラと謎のハッカークラブ』の成功にみる、拡張現実の未来

報告者:李 禎み(Yoshimi Li)(プレティア株式会社共同創業者)
討論者:吉田 達(東京経済大学)
司会者:松下慶太(実践女子大学)

概要:近年、AR技術を利用した様々なサービスが登場している。今回は、AR謎解きゲームを取り上げる。プレティア株式会社は、『サラと謎のハッカークラブ』という渋谷を舞台にしたAR謎解きゲームと、ARコンテンツを様々な場所に簡単に出現させるために必要なARクラウドと呼ばれる基盤技術を制作・開発し、注目を集めている。そこで、そのコンテンツとシステム、魅力の秘密、そのアイディアがどのようにして生まれてきたのか、AR技術の今後の可能性などについて、プレティア株式会社の共同創業者である李 禎み(Yoshimi Li)氏にご報告をお願いし、議論を深めたい。

(報告者プロフィール)
李 禎み(Yoshimi Li)(プレティア株式会社共同創業者)
東京大学経済学部卒業。中国生まれ、東京育ち。日英中のトリリンガル。在学中に、大手スタートアップでの長期インターンや中国への長期留学を経験。大学卒業後、在学中より関わっていたARスタートアッププレティア株式会社に、共同創業者として正式参画。

参加費: 無料

申込方法: 件名を「第4回モバイルコミュニケーション研究会参加申込」とし、氏名、所属、連絡先(電子メールアドレスまたは電話番号)を明記の上、下記メールアドレス宛まで9月2日(月)正午までお申込ください。

申込先メールアドレス kenkyukai@jsicr.jp